しかばね先生の日常ブログ

しかばね先生(死かばね先生)の日常マンガブログ 連絡先→ shikabanec@gmail.com

漫画

父について

はじめに 今日は父の話をします。 その前に、この記事に出てくる「毒親」という言葉についての説明をします。 毒親とは? 読んで字のごとく、子どもに対して「毒」になるような「親」のことです。 もっと詳しく知りたい方はウィキペディアをどうぞ 毒親 - Wi…

認知症サポーター講座で紹介していただくことになりました

// Twitterで上げた「伯母が教えてくれたこと」の漫画を、認知症サポーター講座にて、中学生にご紹介したいというお問い合わせを頂きました。 まとめサイトが個人的に大嫌いなので、(理由はこちらをクリック)まとめサイトやバイラルメディアへは全面的に許…

漫画に描けないこと

// お昼に更新ですが、このブログ記事には、弄便、排せつ等の文章が出てきます。 お食事時に読む事はおすすめできません。 Twitterで描いた漫画「伯母が教えてくれたこと」へ沢山の反響、ありがとうございました。 この漫画は祖母の認知症がまだ軽い時の出来…

思い出漫画「友情のうめぼし」

同級生と会って話をすると「昔の記憶がありすぎてアンタ怖いわ」と言われます。 昨日に引き続き、昔描いた漫画の再掲載祭りです。 ついさっき、あすかちゃんを描いてみたのですが、大人っぽくなりすぎました。 それでは漫画をどうぞ。 ~おまけ~ 子どもの頃…

思い出漫画「よっくんはヒーロー」

約3年前に別のメディアに描いた思い出漫画を再掲載です。 新しく扉絵を描いてみました。 もうすぐ夏ですね。 // 先日、祖母の命日でした。 父から「今日はおばあちゃんの命日だ」と電話がありました。 父が祖母の命日を忘れていなかった事が嬉しかった。 追…

漫画と最近の出来事。

安心介護さんで漫画が公開されました、是非読んで下さい。 漫画「祖母を隠したかった」 ansinkaigo.jp この漫画では短いスパンのような話しになっていますが、「祖母の認知症を隠さない」と決めるまでは実に3年もの月日がかかりました。 私は3年間、祖母を陽…

漫画置き場

祖母の漫画を描き終えました。 安心介護さんで公開されます。 今回もまた、お恥ずかしいですが泣きながら描きました。 「ああ、そういえば、泣きすぎると頭が痛くなるんだよなあ」 大人になると、泣きすぎるという事はなくなってしまうので、この感覚は忘れ…

私はあなたに私の涙を無駄にしません。

ヤフーで翻訳したようなタイトルです。 そうです、ヤフーで翻訳しました。 お恥ずかしい話、私は学が無い。 好きな曲の英語のタイトルをヤフーで翻訳する事で、やっとその曲の本質に辿り着くことができるのだ。 今ツイッターで細々描いている「I Don't Waste…

どうか、この汚い気持ちに気づかないでください。

//

その優しさをずっと忘れません。

//

去年と違う。

はてなブックマーク - 認知症の祖母と過ごした日々-WEB漫画「あの日々のフラッシュバック」 - 安心介護プレス 宣伝です、安心介護さんで漫画を描かせていただきました。 まだ読んでいない方がいましたら読んでいただけたら幸いです。 今、長い漫画を描いて…

優しいインターネット

漫画の内容が暗いものが多いからかもしれない。 「漫画を拝見する限り、まだ心の闇が深そうなので悩んでいるならご相談に乗ります。」という、とてもハートフルな内容のDMを頂きました。 ありがたい。 こんなどこぞの何者か得体の知れない奴の事を気に掛けて…

占いやジンクスなんて信じない。

こちらのブログへ載せていない漫画を時間がある時に回想を交えて少しずつ更新していこうと思う。 朝のニュース番組などで必ず星占いのコーナーがある。 その日1番運がいい星座と悪い星座などをご丁寧にランク付けされ、金運や仕事運、恋愛運などを紹介する死…

人は空を見上げて何を思うのだろうか。

スマホの写真の中には誰でも必ず1枚は絶対に空の写真がある。 というような事を友人に言われ「いやいや〜ないない」と言いながらカメラロールを見ると あった。 本当にあった。 これは去年の夏頃だっただろうか、夕暮れ時の赤く染まり始める雲を見て、とて…

クラスに必ずいた汚い子供は漫画を描いている。

長い文章があるので興味がない方は目ぇ半開きで読んでください。 (読まなくてもいいけど) 自分が小学生の時、クラスに必ず1人はいた汚い子だったと漫画に描くのはなかなか今でも勇気がいるもんですね。 お風呂は夏も冬も4日に1度くらいのペース。 きっとガス…

誰かの気持ちを動かせた事。

偉そうな事を言える学も無く、人様に胸を張って自慢できる事もこれといってない。 どちらかと言えば劣等感の塊のようなみみっちい性格ではある。 それを隠しても仕方がないので、親がいない家庭で祖母に育てられた事や体験した事、思った事などをヘタクソな…

石ころと星の砂

私はとても優しい人達に囲まれて育っていたのだな、と今更気付く。 人生は長いようで短い。 //

七夕

//

インターネットで人は死なない。

※こちらは私の別ブログからの転載、加筆を加えています。 この思い出を漫画にするのは今でもちょっとキツかったです。という文章を付けてツイートした漫画、物議を醸し出しました。(漫画の後に回想テキストを綴ってます。) このゆきちゃんのお誕生日会の漫画…

大切な人を亡くした時、どうやって立ち直ればよいのだろうか

noteで「緩やかな始まりの終わり」という漫画を不定期で連載しているのですが、三話で更新が止まっています。 更新を待ってくれている方々申し訳ありません。 三話分を一挙掲載いたします。 そして漫画の後更新が止まっている言い訳がましさを時間がある方だ…

死かばね先生の絵日記「般若の呪い」

後にこのお土産屋に何処でも置いてある商品名は 「ドラゴンブレード」だとタグから判明しました。 このお土産を友人から頂いた事がきっかけで、なんか知らんけど子供の頃に欲しかった「それのどこが魅力なのか?」と、問いただしたくなるようなキーホルダー…

死かばね先生の日常マンガ 「しんさん」

住めば都という言葉は本当に良い言葉ですね。 私も新しい土地でいろいろな発見や、いろいろな人に出会いました。 その中でも「しんさん」は強烈で、たった2回しか遭遇していないにも関わらず ・・・と、圧倒されまくりました。 本名もなにも知らないくせに…