しかばね先生の日常ブログ

しかばね先生(死かばね先生)の日常マンガブログ 連絡先→ shikabanec@gmail.com

漫画編集者は悪か否か、という裏話

今日はちょっとした裏話をします。

(長いので時間がない方はすっ飛ばしてください。)

 

f:id:shikabanec:20181204071612j:image

 

という話です。

 

私は今年、漫画家としてデビューした新人漫画家です。

 

 

f:id:shikabanec:20181204085821j:image

 

 

新人賞への応募や出版社への持ち込みが一般的な漫画家のなりでしたが、今ではネットで漫画を発表していたら出版社の方から声を掛けられるという漫画家デビューの仕方の方が多いのかもしれません。

 

私も漫画をネットで好き勝手に描いていたら、出版社の方からコミックスを出しませんか?と声を掛けて頂いたという、ネット発の漫画家です。

あー、すみません、なんだか良い子ぶってる文章になってしまって窮屈なので、ですます調、ここでやめます。

 

f:id:shikabanec:20181204085845j:image

 

編集者から声を掛けて頂いた時期は去年(2017年)の夏の終わり頃だったと記憶している。

 

その声をかけて頂いた日、友達と飲みに行く約束をしていたので夕方から飲み屋街へ足を運んだ。

 

目的地へ行く途中、空を見上げると雲の流れと色味が美しかったので、なんかいいなと思い

少し物悲しげな夏の終わりの夕暮れの写真を撮った。

 

f:id:shikabanec:20181203093323j:image

 

 

そして足元に目をやると

 


f:id:shikabanec:20181203093327j:image

 

大根が落ちていた。

 

 

飲み屋街に落ちている大根…。

 

きっと料理人が落としたに違いない…。

 

この飲み屋街のどこかで「買ったはずの大根がない!」と嘆いている居酒屋があるに違いない…。

 

f:id:shikabanec:20181204071638j:image

 

そんな事を考えながら目的地の居酒屋で友人と合流し、飲みの席で「ここに来る途中に道端に大根が落ちててさ〜」と、この写真を見せながら、どうでもいい話をダラダラとしていた。

 

f:id:shikabanec:20181204071817j:image

 

 

大根の写真を友人に見せている最中に、ピコンと1通のメールが届いた。

 

f:id:shikabanec:20181204071833j:image

 

差出人はKADOKAWAの編集を名乗る人物で、コミックスを出しませんか?という内容だった。

 

飲みの席でこのメールを開いてしまったので、周りにいる友人に「だは〜!これはきっと何かの冗談だろう」とメールを見せてしまった。

f:id:shikabanec:20181205004223j:image

 

友人は「いや、これは本物だ、すぐに返信をしろ」と促されたが

 

 

f:id:shikabanec:20181205004242j:image

 

実は内心複雑な気持ちだった。

 

f:id:shikabanec:20181205004324j:image

 

えっ…KADOKAWAって…

 

そこに引っかかってしまったのである。

 

正直言ってしまうと2017年6月に発売されたと同時に瞬く間にネットで話題になった漫画

 

 

f:id:shikabanec:20181203104212j:image

 

(電子書籍で購入しているのでスクリーンショットで申し訳ない)

 

「とある新人漫画家に、本当に起こったコワイ話」

 

この漫画の内容が脳裏によぎった。

 

話題になったので内容をご存知の方が多いと思うが、手短に説明すると、KADOKAWA 少年エースの編集者に漫画のセリフを作者の許可なく改ざん、無償でカラー色紙1600枚描かせる、嘘をつかれる、等の仕打ちを受けたという暴露エッセイ漫画なのである。

 

これを読んでしまっていた私は、漫画業界は超絶ブラック、特にKADOKAWAにはヤベー編集がいる…という刷り込みと

 

f:id:shikabanec:20181204074443j:image

 

丁度この頃、アニメ監督のたつきさんがKADOKAWA方面のお達しで、けものフレンズの監督を外されるという内容のツイートを投下しKADOKAWAが大炎上するというタイミングも重なり

 

f:id:shikabanec:20181204092347j:image

 

「K」しか合ってない、「K」しか合ってないけど、私の中でKADOKAWAはマッドマックスの世界だ。

 

f:id:shikabanec:20181204072139j:image

 

…なんかヤバいイメージを抱いている、だからこの誘いは乗り気ではない。

 

f:id:shikabanec:20181205004324j:image

 

という心情を友人に打ち明けた。

 

すると友人は「あんた、今まで身の回りの事を漫画にしてきたんだから、もしヤバいことが起こったらそれも漫画にすりゃええよ」

 

 

f:id:shikabanec:20181205004242j:image

 

その一言で「それはそれで面白そうだ」という好奇心に駆られ、次の日に「よろしくお願い致します」というメールを返信した。

 

 

そして私はKADOKAWA編集者がマッドマックスの世界なら、こっちもマッドマックスの住人になるしかねえ…!

 

f:id:shikabanec:20181204101647j:image

 

そんな考えに至った。

 

今考えると大変失礼な奴だったと思う。

 

私は地方に住んでいるので、打ち合わせはなるべくメールで済まし、電話内容は録音しておき、後で何か問題が起きたら すぐに対応できる様に必ず証拠が残るようにしていた。

 

f:id:shikabanec:20181205011441j:image

 

編集者の方が「一度ご挨拶に伺います」と言ってくれていたにもかかわらず

 

f:id:shikabanec:20181205004445j:image

 

凄い勢いで拒否していた。

 

f:id:shikabanec:20181205004501j:image

 

(すみません、盛りました、実際はこんな感じです。)

 

マッドマックスの世界の編集者がこのド田舎に来る…。

 

f:id:shikabanec:20181205004718j:image

 

絶対とんでもねえ乗り物に乗って来る。

 

マジで怖い。

 

今通話している携帯電話もきっと

 

f:id:shikabanec:20181205015424j:image

 

そんなケースを付けているに違いない。

 

 

f:id:shikabanec:20181205042603j:image

 

なんかもう全力で拒否をした。

(全部妄想なのに)

 

 

 

f:id:shikabanec:20181205042746j:image

 

実際、会って打ち合わせをしなくても仕事に差し支えはなく、Webメディアで漫画の仕事をしていた頃からクライアントからはメールのやり取りのみで一度も会ったことがなかった。

 

そんなこんなでKADOKAWAとの仕事が進み、無事コミックスが発売された。

 

f:id:shikabanec:20181205043902j:image

 

 

f:id:shikabanec:20181205045156j:image

 

 

f:id:shikabanec:20181205045208j:image

 

「あれ…?多少の問題はあったが大丈夫だぞ…?」

 

特に大きな問題はなく、めちゃくちゃスムーズに進んだのだ。

 

大きな問題が起こらなかったのは

 

f:id:shikabanec:20181205045550j:image

 

この「とある新人漫画家に、本当に起こったコワイ話」のおかげなのではないか?と、少し思っている。

 

この漫画はタイトルの通り、新人漫画家の話だ。

 

新人漫画家だから最初は「これはちょっと…」と思っていても言えずに溜め込んでしまい、最終的に爆発してしまう経緯が描かれている。

 

分かる、その気持ち、めちゃくちゃ分かる。

 

私も「これはちょっと…」と思っていても言えずに我慢した結果、最終的に爆発してしまい、残念ながら関わりを絶ってしまったWebサイトがある。

 

そんな自身の経験や、「とある新人漫画家に、本当に起こったコワイ話」を読んで、絶対に溜め込まずに小さな事でもすぐに編集者に言う事を心がけた。

 

f:id:shikabanec:20181205054722j:image

 

これは自分でもどうなんだ?とは思うが、漫画のセリフの写植(文字の書体)にまで口を出すほど、とにかく少しでも「ん?」と思った事は言いまくった。

 

f:id:shikabanec:20181205061225j:image

 

 

f:id:shikabanec:20181205070455j:image

 

 

f:id:shikabanec:20181205070514j:image

 

 

私が些細な事を言う度に、編集者の方はすぐに対応してくれた。

 

 

f:id:shikabanec:20181205071056j:image

 

 

もしかして…?

 

 

f:id:shikabanec:20181205090138j:image

 

 

斧なんか刺さってないかも知れない。

 

 

f:id:shikabanec:20181205090243j:image

 

 

矢かも知れない。

 

そんな風に斧から傷口が小さな矢へとイメージが変わりつつあった時、事件は起こった。

 

単行本最後の大仕事、表紙と裏表紙のカラー原稿を書き上げ、すぐ編集に送り、OKが出た。

 

終わった…全部の仕事が終わった…。

 

f:id:shikabanec:20181205094529j:image

 

全ての作業が終わり感極まって泣いた。

 

そして後日、編集者からニコニコ静画にもヤングエースUPで連載している漫画を載せてもいいかという連絡が来た。

 

いいですよと答え、後日、ニコニコ静画にUPされた漫画のページを開くと

 

f:id:shikabanec:20181205100139j:image

 

表紙として描いた絵がニコニコ静画の扉絵としてUPされていたのである。

 

は?何が問題なの?と思われるかも知れないので説明させてほしい。

 

表紙、裏表紙のカラー絵は原稿料が出ない。

 

無償なのである。

 

そして書影が出るまで、単行本がどんな表紙なのか読者さんには明かされない。

 

f:id:shikabanec:20181205101330j:image

 

この表紙の絵は、過去に安心介護というサイトで描いた漫画の扉絵のリメイクで

 

 

f:id:shikabanec:20181205101659p:image

 

ネットで絵が下手だ下手だと言われていたが、昔から応援していただいている読者さんに、少しだけど絵が上達したところを見て欲しくて

あえて同じ構図にした。

 

「書影が出て 昔から応援してくれてる方が表紙の絵を見てくれたら、お!あの時と同じ絵だ!上達したな!なんて驚いてくれるかな」そんな思いがあった。

 

 

f:id:shikabanec:20181205101126j:image

 

私はてっきり、このヤングエースUPのカラー扉絵がニコニコ静画の扉絵で使用されるとばかり思っていたので(この扉絵は原稿料がきちんと出てます)

 

単行本の表紙として無償で描いた絵が、ニコニコ静画のトップとして使われているなんて思いもしなかった。

 

f:id:shikabanec:20181205120327j:image

 

ネタバレされた気持ちと、単行本用に描いたのに素材として使われた事に苛立ち、すぐに編集者へ連絡した。

 

「あの絵は単行本の表紙用に無償で描いた絵です。

フリー素材ではありません。

このままニコニコ静画で使用するのなら原稿料を払って頂きます。」

 

f:id:shikabanec:20181205123913j:image

 

この時も即対応して頂いて、ヤングエースUPの扉絵と同じものに差し替えられた。

 

f:id:shikabanec:20181205124228j:image

 

 

しかし、これには編集者の言い分がある。

 

「読者の方が単行本を探しやすいように表紙の絵を使用しました」

 

 

f:id:shikabanec:20181205124941j:image

 

 

f:id:shikabanec:20181205124957j:image

 

だけど最初にニコニコ静画に「単行本の表紙の絵を使用してもいいか?」という確認が欲しかったと伝えた。

 

この事件以降、編集者はちょっとした事でも確認の連絡を必ずしてくれた。

 

 

 

で、結論。

 

漫画編集者は悪か否か?

 

 

 

 

f:id:shikabanec:20181205131803j:image

 

 

 

私は編集者は悪ではないと感じてる。

こちらの言った事に誠実に対応して頂いた。

売れる為に試行錯誤して頂いた。

感謝しかない。

私の力不足で単行本が売れなかった事が本当に申し訳ない。

 

 

「とある新人漫画家に、本当に起こったコワイ話」では担当編集者をまぎれもない「悪」に描いている。

 

SNSでも編集者を悪く書かいた文章を時折見かける。

 

悪い話は印象に残りやすく、拡散されやすい。

 

中には本当に「悪」の編集者もいるだろう。

 

だけど絶対に「新人だから編集者にこんなことを言ったら連載が無くなってしまうかも…」「次の漫画の仕事が来なくなるかも…」そう思って萎縮するべきではない。

 

漫画家の作品を守れるのは作者自身であり、萎縮せずに「何か違う」と感じたらすぐに編集者へ言ってみてほしい。

 

そこで誠実な対応がされなかった場合、SNSなどで こんな事をされましたとバンバン発言して良いと思っている。

この場合は一方通行では無く、何をされたか必ず物的証拠も抑えておいてほしい。

 

「とある新人漫画家に本当に起こったコワイ話」は作者の一方的な発言だと感じる場面もあったが、ちゃんとその場で言えなかったり断れなかったり、挙句流されて さぞかし辛い思いをしたと思う。

 

この漫画を読んでいなければ、もしかしたら私も言いたい事も言えずに我慢していたかも知れない…この漫画は強烈な反面教師として読んで良かった漫画だ。

 

そう思っている。

 

(売れてないのに偉そうにすみませんでした。)

 

 

 

f:id:shikabanec:20181205142248j:image

 

続き、描かせて下さい、お願いします…。

 

売れないと評価されない、続きが描かせてもらえない…商業で描くからには数字が全てなのは当たり前だとわかっているけど、はぁ…世知辛いっスね〜…。

 

次のブログは、何故漫画が売れなかったのか?という自分の漫画を徹底解明する内容にしようかな?誰もやってないし…なんて卑屈な考え方になっとりやす。

 

おわり

 

 

 

漫画「そんな時代を生きた人の願い」

 

 

f:id:shikabanec:20181030054415j:image

 

f:id:shikabanec:20181030054428j:image

 

f:id:shikabanec:20181030160453j:image

 

f:id:shikabanec:20181030054514j:image

 

f:id:shikabanec:20181030054535j:image

 

 

f:id:shikabanec:20181030054627j:image

 

 

f:id:shikabanec:20181030054651j:image

 

 

f:id:shikabanec:20181030054714j:image

 

 

f:id:shikabanec:20181030054740j:image

 

 

f:id:shikabanec:20181030054758j:image

 

 

f:id:shikabanec:20181030054815j:image

 

 

f:id:shikabanec:20181030054833j:image

 

 

f:id:shikabanec:20181030054850j:image

 

 

f:id:shikabanec:20181030054916j:image

 

 

f:id:shikabanec:20181030054933j:image

 

 

f:id:shikabanec:20181030160233j:image

 

 

f:id:shikabanec:20181030160251j:image

 

 

 

この漫画は「祖母の髪を切った日」第六話に収録されている「美しい人」という話に入りきらなかったエピソードです。

 

 

コミックス「祖母の髪を切った日」発売中です、よろしくお願い致します。

 

f:id:shikabanec:20181030073357j:image

 

おすすめ漫画「しんさいニート」と「あの時の私」

 

 

まずは先日、関西地方の地震被害に遭われた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

それから、本日の広島北部地震、大丈夫でしょうか…。

皆様の生活が1日も早く穏やかな日常に戻ることを願っています。

 

f:id:shikabanec:20180625061737j:image

 

 

今日は「しんさいニート」という漫画を漫画で紹介するという、少し長い漫画を描いたので読んでください。

f:id:shikabanec:20180625061919j:image

f:id:shikabanec:20180625061949j:image

f:id:shikabanec:20180625062007j:image

f:id:shikabanec:20180625062037j:image

「負のオーラ」なんて いっちょ前なことを言うとりますが、実際はオーラなんて見えません。

 

なんとなく影があるな…そういう雰囲気を感じ取っただけです…。

 

 

 

www.youtube.com

 

カトーコーキさんがゲストで出た山田玲司先生のヤングサンデーを貼っておきます。

 

もうこの動画だけでしんさいニートの魅力が十分伝わるので、漫画にする必要はあったのだろうか…?と自問自答をしていますが、そこは漫画家のサガです。

いい漫画を読むと、漫画で紹介したくなります。

 

 そしてオーラで思い出したのですが、随分前、オーラの泉という番組が流行っていた時に居酒屋のカウンターで隣に座っていたおっちゃんにこんな事を言われたことがあります。

 

f:id:shikabanec:20180625062345j:image

 

f:id:shikabanec:20180625062358j:image

 

f:id:shikabanec:20180625062408j:image

 

もしかすると、このおっちゃん同様、黒いジャケットを着て登場したカトーコーキさんを見てそう感じたのかもしれません。

 

f:id:shikabanec:20180626063612j:image

 

話が脱線しました…、しんさいニートの話に戻ります。

f:id:shikabanec:20180625062423j:image

 

f:id:shikabanec:20180625062444j:image

ネタバレになってしまうと描きましたが、先日の大阪北部地震の際、もし夜に余震が来たら心配だ…と思い、しんさいニートの漫画から一部分を引用して使用してしまいました。

 

 

 

 

 これは立派な無断転載です。

 

ごめんなさい。

f:id:shikabanec:20180625062504j:image

 

f:id:shikabanec:20180625062522j:image

 

f:id:shikabanec:20180625081206j:image

 

f:id:shikabanec:20180625103305j:image

 

f:id:shikabanec:20180626042627j:image

 

f:id:shikabanec:20180626042643j:image

 

f:id:shikabanec:20180626070138j:image

 

ラスト、素晴らしいです。

 

カトーさんはきっと、父の事をまだ完全に許せてはいない気がしますが、きちんと自分の中で父に対する気持ちの答えを出しています。

 

とにかく「しんさいニート」、おすすめです、読んでください。

 

 

 

 ここからは「あの震災の時何を思っていたか」という自分の話をします。

 

f:id:shikabanec:20180626141722j:image

f:id:shikabanec:20180626141739j:image

f:id:shikabanec:20180626141758j:image

f:id:shikabanec:20180626141815j:image

f:id:shikabanec:20180626141831j:image

f:id:shikabanec:20180626141845j:image

f:id:shikabanec:20180626141858j:image

f:id:shikabanec:20180626201416j:image

f:id:shikabanec:20180626201437j:image

f:id:shikabanec:20180626201453j:image

f:id:shikabanec:20180626201508j:image

f:id:shikabanec:20180626201533j:image

f:id:shikabanec:20180626201547j:image

f:id:shikabanec:20180626201600j:image

f:id:shikabanec:20180626201629j:image

 

 ここまで読んで下さり、ありがとうございました。

 

 

 

しんさいニートと一緒に7月4日に発売される「祖母の髪を切った日」も合わせて買っていただけると嬉しいです。

 

どうぞ、よろしくお願いします。

6月の憂鬱

 

 

梅雨に入り、気分が憂鬱です。

 

 

 

 

f:id:shikabanec:20180611165031j:image

 

憂鬱な原因はこれです。

 

今は連載漫画も最終回まで描き上げ、7月4日発売のヤングエースへ掲載予定の読み切りも描き終わり、あの忙しかった日々は幻だったのかもしれないと思う程ヒマになり、すっかり気が抜けています。

 

「祖母の髪を切った日」は6月13日、明後日の更新で最終回です。

是非読んで下さい。

 

web-ace.jp

 

 

 6月は毎年やってくる。

いつも罪の意識に苛まれる月。

祖母との最後の別れはまだ一度も漫画に描いた事がない。

 

酷い別れ方だったせいで6月になると毎年思い出す。

 

「よりによって6月、なんで暇なんだよ、忙しかったら少しは気がまぎれたのに」

 

そんな事を壁に向かってつぶやいてしまった。

 

ずっと漫画を描いていたので、いざ漫画を描かない日々が続くと何かを描いてないと落ち着かなくなり、また昔のようにTwitterで祖母との日々を漫画にして上げています。

 

たまにTwitterをのぞきに来てもらえると嬉しいです。

 

twitter.com

 

 

 Twitterで漫画を描き始めるまでは、祖母との思い出や、介護中の出来事は一生誰にも話さないだろうと思っていました。

 

そして、なるべく思い出さないように普通に過ごしていました。

 

 

f:id:shikabanec:20180611172344j:plain

 

f:id:shikabanec:20180611172547j:plain

 

 

f:id:shikabanec:20180611172633j:plain

 

 

f:id:shikabanec:20180611172716j:plain

 

 

f:id:shikabanec:20180611172748j:plain

 

 

f:id:shikabanec:20180611172818j:plain

 

 

 

時折現れる自責の念からも目を背けて、

 

何重にも鍵を掛けて、

 

心の奥底に沈めてしまおうと思っていました。

 

 

 

f:id:shikabanec:20180611173832j:plain

 

 

こんな気持ちをずっと抱えていました。

 

 

 

だけどある日、

 

ansinkaigo.jp

 

安心介護さんで描いたこの出来事がきっかけで、

 

「これはどうしても描かないとダメだ、知ってもらわなければ、あのご家族がどんな目を世間から向けられているか、どんな思いで介護をしているか、私は全部知ってる、どうしても描かなければ」

 

そんな気持ちになり、ペンを握りました。

 

今読み返すと初期衝動から描いた漫画なので絵柄は今と随分違いますが、ちゃんと表現できてるな…がんばったな…と、これを描いた2年前の自分に言ってあげたい。

がんばったな。

 

 

そして7月4日には単行本が出ます。

 

 

 

まだ書影は出ていませんが、予約、始まっています。

 

表紙は力入ってます。

昔から読んでくださっている方は「あ、あの時のあの絵を新しく描いたんだな、ちゃんと絵の練習をしてるんだな」と思って下されば嬉しいです。

 

電子書籍も7月4日同時に配信されます。

 

書き下ろしも入っているので、ヤングエースUPの連載を読んでくださった方も買っていただければ嬉しいです。

 

 

何年後かに、また自分の漫画を読み返して「がんばったな」と言えるように、生きていたいです。

 

 

f:id:shikabanec:20180611183205j:plain

 

最後に本の宣伝を書いていると、なんだかこんな気持ちになったので、…うわ…うさんくさいな…と自分で思ってしまった事を正直に言いました。

 

「死にたくなる」とか書いてしまったので、最後は明るく締めたいと思います。

 

 昔から漫画を応援してくださっているのりあきさんから素敵なMVが届いたのでご紹介いたします。

 

 

 

www.youtube.com

 

 

 

そんで最後は笑って死ね!!!!

 

しみた~~~~。

 

 

新人が連載できるのは漫画家さん達のおかげです。

f:id:shikabanec:20180416052636j:plain

 

漫画を描く前に、ネームという作業があり(誰が、どういう場所でどんなセリフを言っているかコマを割ってラフに描く)その前にはプロット(どんなストーリーか大まかな説明をする)という作業が必要なのですが、今ちょうどプロットの文章を打ち終えたところです。

 

長い文章を打っていると

 

f:id:shikabanec:20180416052735j:plain

そういう気持ちになったので、少し長いですが最近話題の違法サイトの話と交えながら漫画の事と、最後にいろいろ書きます。

 

漫画について

私はTwitterやweb漫画出身で、今まで描いた漫画は全て無料で公開しています。

私の漫画の技術では人様からお金を頂ける立場ではない、読んでほしい方に届けば良い、どんなに嫌な反応をされたとしても

 

f:id:shikabanec:20180416055733j:plain

 

こんな気持ちで描いていました。

 

この気持ちは漫画を描いて原稿料を頂ける事になった今でも変わりません。

 

今現在は、ありがたいことにヤングエースUPさんでweb連載をさせていただいております。

web-ace.jp

 

とても重い話が続きますが、全8回なので、もうしばらく連載にお付き合いいただければ幸いです。

 

今はこの連載の作業がほとんど終わり、ホッと胸を撫でおろしています。

 

応援してくださる皆様、本当にありがとうございます。

 

先日、初めて原稿料の明細をいただきました。

 

f:id:shikabanec:20180416062612j:plain

 

気になったので、調べてみました。

 

それを絵にしてみました。

 

f:id:shikabanec:20180416052636j:plain

f:id:shikabanec:20180416064757j:plain

 

こういう仕組みです。

 

漫画家の皆様が作品を一生懸命に描き、利益を出しているからです。

 

そのおこぼれで、私のようなド新人野良インターネット漫画描きが連載をさせていただけるのです。

ありがたいことです。

 

こうしてどんどん新人にチャンスが与えられるのです。

 

もちろん、応援して下さる読者の皆様がいてくれるからこそ、これは大前提ではあります。

そして編集さんのお力添えがあるからこそです。

ありがとうございます。

 

漫画違法アップロードサイトの話

 

ネットで話題になっているので、もう名前は出しませんが、ここで非常にやっかいなのが漫画違法アップロードサイトの存在です。

 

違法アップロードサイトでは漫画家に利益が入りません。

 

こういったサイトが増えると、漫画はタダで消費するのが当たり前な感覚になってしまうのではないだろうか…?

 

そうなると新人にスポットが当たらないどころか漫画家の皆さんが生活できなくなり、誰も漫画を描かなくなってしまう…。

 

そんな時代が来るのではないか?

 

と思っていた矢先の違法漫画アップロードサイト閉鎖で、よかったなぁ…と思っています。

 

f:id:shikabanec:20180416070643j:plain

 

なんだかもう出尽くした感があるので、サッパリとした意見になってしまいましたが、漫画がこれから先も文化として繁栄する事を願っています。

 

いろいろな話

ありがたい事にTwitterで漫画のご感想をいただいたり、時にはブログで思いを綴っていただけたり…たくさんの優しさをネットでいただいております。

この頂いた優しさをどうやってお返ししようか…と、ご感想を頂く度に胸が熱くなってきます。

リプライなどお返し出来ないままでごめんなさい、全て読んでいます、ありがとうございます。

 

ネットはネガティブな発言のみが目立った場所ではありません。

 

漫画やこのブログを読んで思いを綴っていただけた方をご紹介させていただきます。

 

ameblo.jp

 

黒澤うにさん、私も早く黒澤さんのように自責の念から脱却できるようになりたいたいです。黒澤さんのブログを読んでいると前向きな気持ちが沸き上がってきました、ありがとうございます。

 

 

blog.lalamiamor.net

 

 

高円寺ららぁさん、トラウマセンサーを刺激してしまいごめんなさい。

優しい言葉をありがとうございます。

 

 

最後に、「祖母の髪を切った日」第3話に登場した架空のTシャツが本当にグッズになったそうです。

 

f:id:shikabanec:20180416075501j:image

 

この1コマ目の猫のイラストは、ラッパーであり絵書きでもある

 

オオヤヨシツグさん(←クリックするとオオヤヨシツグさんのTwitterに飛びます。)

 

という方の絵です。

 

このTシャツが出てくる回は大変重苦しく、なにか気持ちが少しでも軽くなるような演出はないだろうか…と考えた結果、そうだ!オオヤさんの絵がいいな!ファニーで少し「フフフ…」となるな!と思い、使用しました。

 

 

 

 

f:id:shikabanec:20180416094110j:image

↑こちらの画像はオオヤヨシツグさんのTwitterより拝借しています。

 

f:id:shikabanec:20180416094122j:image

 

 

 …まさか本当にTシャツになるなんて、オオヤヨシツグさんのファンなので、ビックリするやら嬉しいやら…最初、オオヤさんからプレゼントしますよ!と言っていただけたのですが、クリエイターにはお金をどうしてもお支払いしたい主義です。

即購入させていただきました。

 

このTシャツをお求めの方はオオヤヨシツグさんまでお問合せください。

 

f:id:shikabanec:20180416081755j:plain

 

批判を受けて感じたこと。

ブログを書くのは久方ぶりです。

皆様のおかげで、仕事をしたり漫画を描いたり、とても忙しい日々を過ごしております。

 

ブログではお伝えしていませんでしたが、ヤングエースUPさんで連載が始まっております。

 

web-ace.jp

 

 

 読んでくださっている皆様、 応援ボタンなどを押してくださっている皆様、本当にありがとうございます。

 

f:id:shikabanec:20180403133113j:plain

 

「ヤング」でも「エース」でもない私が、ヤングエースUPさんで連載させていただけるとは、恐れ多くていつも緊張して「本当にこの漫画を載せていただいていいのだろうか…。」と不安だらけの毎日です。

 

f:id:shikabanec:20180403133144j:plain

いつも悩みながら漫画を描いています。

 

 

 

そしてやはり、昔を思い出し涙が出てきます。

 

f:id:shikabanec:20180403133344j:plain

 

今回公開された第3話は、描くのが最も苦しい回でした。

 

noteで連載していた「緩やかな始まりの終わり」という漫画の再構成です。

 

ラスト付近の「見て見ぬふりをしていた自分」を描くのが大変苦しく、途中で投げ出していた漫画でした。

 

やっと描き上げることができました。

描き上げることができたのは、応援してくださっている皆様のおかげだと思っております、ありがとうございます。

 

そしてこの「緩やかな始まりの終わり」をはてなブログへ「大切な人を亡くした時、どうやって立ち直ればよいのだろうか」というタイトルで再投稿した際、ブックマークコメントにて沢山の方々にブッ叩かれました。

 

変な言い方になってしまいますが

 

「やっと…やっと…批判をされた、やっと「オマエが悪い」「オマエがおかしい」と言ってくれた…」

 

そう思う自分がいました。

 

この第3話の最後に描いてある通り、私の周りの人たちは優しいのです。

 

みんな私を気遣って、誰も私を責めてはくれなかったのです。

 

 

人の死を「なんだそれウケる~」と軽く扱っていた自分。

おばあちゃんの話をろくに聞かず、無視して部屋にこもっていた自分。

おばあちゃんの異変に気が付いていたのに、見て見ぬふりをしていた自分。

 

 

全て、叩かれて当然です。

 

「批判」や「ぶっ叩かれた」と描きましたが、正論です。

 

顔の見えない知らない相手だと容赦なく物事を言える。

これこそ正に正論だと思い、私は勝手に裁かれた気になっていました。

 

ずっと誰かに昔のクソ人間だった自分を批判してほしいと思っていました。

 

 「緩やかな始まりの終わり」にブックマークコメントで正論を言ってくださった方々、本当にありがとうございます、全て読ませていただいてます。

 

気が付けば「緩やかな始まりの終わり」の投稿から、3年もの月日が流れていたのですね。

 

時の流れの早さに驚いています。

 

これからも間違っていることは容赦なく言ってください。

どうか、よろしくお願いします。

 

 

 

すっかり昼間は半袖でも過ごせる季節になりました。

半袖で過ごせる身軽さに、心も少し軽くなった気がしています。

 

今年は忙しく、あいにくお花見には行けませんでしたが、散歩がてら真夜中に近くの公園の桜を見てきました。

 

f:id:shikabanec:20180403143042j:plain

 

 

漫画、頑張ります。

 

 

 

~最近の出来事~

デスクワークが続いているので、あまり外へ出ていません。

ずっと家にいるので、目新しいご報告もないのですが、作業中に音楽を聴いています。

 

最近よく聴いているのはSUKISHAさんです。

 

www.youtube.com

 

トラックがとてもかっこよく、歌声が真っ直ぐで好きです。

 

www.youtube.com

 

kiki vivi lilyさんとSUKISHAさんのRainbow Town

 

こちらもとてもかっこいいです。

 

 

田舎に住んでいますが、このRainbow Townを聴くと

f:id:shikabanec:20180404020645j:plain

 

 こんな気持ちになります。

 

 

おしまい

 

写真の大切さ

お盆に突入しますね。

 

 

f:id:shikabanec:20170810111903j:image

 

 

f:id:shikabanec:20170810111923j:image

 

 

f:id:shikabanec:20170810111948j:image

 

 

f:id:shikabanec:20170810112014j:image

 

こちらはツイッターに載せた漫画です。

沢山の反響をいただきありがとうございます。

 

写真も大切だけど動画も大切だと多くの方にリプライをいただきました。

姿形は覚えていても何年も月日が流れると「声」を忘れてしまうというご感想をいただきました。

 

今はおばあちゃんの声も口癖も全部、覚えています。

 

しかし何年も月日が流れると忘れてしまうのかもしれません。

 

忘れたくないです。

 

私の手元には、おばあちゃんの写真は数枚しかありません。

もっと沢山写真を撮っておけばよかった、一緒に笑ったり泣いたりした何気ない日常を沢山残しておけばよかった。

 

 

お盆休みで帰省される方はご家族との写真や動画を沢山撮ってください。

 

思い出は宝物です。

 

思い出を沢山残しておいてください。