しかばね先生の日常ブログ

しかばね先生(死かばね先生)の日常マンガブログ 連絡先→ shikabanec@gmail.com

6月の憂鬱

 

 

梅雨に入り、気分が憂鬱です。

 

 

 

 

f:id:shikabanec:20180611165031j:image

 

憂鬱な原因はこれです。

 

今は連載漫画も最終回まで描き上げ、7月4日発売のヤングエースへ掲載予定の読み切りも描き終わり、あの忙しかった日々は幻だったのかもしれないと思う程ヒマになり、すっかり気が抜けています。

 

「祖母の髪を切った日」は6月13日、明後日の更新で最終回です。

是非読んで下さい。

 

web-ace.jp

 

 

 6月は毎年やってくる。

いつも罪の意識に苛まれる月。

祖母との最後の別れはまだ一度も漫画に描いた事がない。

 

酷い別れ方だったせいで6月になると毎年思い出す。

 

「よりによって6月、なんで暇なんだよ、忙しかったら少しは気がまぎれたのに」

 

そんな事を壁に向かってつぶやいてしまった。

 

ずっと漫画を描いていたので、いざ漫画を描かない日々が続くと何かを描いてないと落ち着かなくなり、また昔のようにTwitterで祖母との日々を漫画にして上げています。

 

たまにTwitterをのぞきに来てもらえると嬉しいです。

 

twitter.com

 

 

 Twitterで漫画を描き始めるまでは、祖母との思い出や、介護中の出来事は一生誰にも話さないだろうと思っていました。

 

そして、なるべく思い出さないように普通に過ごしていました。

 

 

f:id:shikabanec:20180611172344j:plain

 

f:id:shikabanec:20180611172547j:plain

 

 

f:id:shikabanec:20180611172633j:plain

 

 

f:id:shikabanec:20180611172716j:plain

 

 

f:id:shikabanec:20180611172748j:plain

 

 

f:id:shikabanec:20180611172818j:plain

 

 

 

時折現れる自責の念からも目を背けて、

 

何重にも鍵を掛けて、

 

心の奥底に沈めてしまおうと思っていました。

 

 

 

f:id:shikabanec:20180611173832j:plain

 

 

こんな気持ちをずっと抱えていました。

 

 

 

だけどある日、

 

ansinkaigo.jp

 

安心介護さんで描いたこの出来事がきっかけで、

 

「これはどうしても描かないとダメだ、知ってもらわなければ、あのご家族がどんな目を世間から向けられているか、どんな思いで介護をしているか、私は全部知ってる、どうしても描かなければ」

 

そんな気持ちになり、ペンを握りました。

 

今読み返すと初期衝動から描いた漫画なので絵柄は今と随分違いますが、ちゃんと表現できてるな…がんばったな…と、これを描いた2年前の自分に言ってあげたい。

がんばったな。

 

 

そして7月4日には単行本が出ます。

 

 

 

まだ書影は出ていませんが、予約、始まっています。

 

表紙は力入ってます。

昔から読んでくださっている方は「あ、あの時のあの絵を新しく描いたんだな、ちゃんと絵の練習をしてるんだな」と思って下されば嬉しいです。

 

電子書籍も7月4日同時に配信されます。

 

書き下ろしも入っているので、ヤングエースUPの連載を読んでくださった方も買っていただければ嬉しいです。

 

 

何年後かに、また自分の漫画を読み返して「がんばったな」と言えるように、生きていたいです。

 

 

f:id:shikabanec:20180611183205j:plain

 

最後に本の宣伝を書いていると、なんだかこんな気持ちになったので、…うわ…うさんくさいな…と自分で思ってしまった事を正直に言いました。

 

「死にたくなる」とか書いてしまったので、最後は明るく締めたいと思います。

 

 昔から漫画を応援してくださっているのりあきさんから素敵なMVが届いたのでご紹介いたします。

 

 

 

www.youtube.com

 

 

 

そんで最後は笑って死ね!!!!

 

しみた~~~~。

 

 

新人が連載できるのは漫画家さん達のおかげです。

f:id:shikabanec:20180416052636j:plain

 

漫画を描く前に、ネームという作業があり(誰が、どういう場所でどんなセリフを言っているかコマを割ってラフに描く)その前にはプロット(どんなストーリーか大まかな説明をする)という作業が必要なのですが、今ちょうどプロットの文章を打ち終えたところです。

 

長い文章を打っていると

 

f:id:shikabanec:20180416052735j:plain

そういう気持ちになったので、少し長いですが最近話題の違法サイトの話と交えながら漫画の事と、最後にいろいろ書きます。

 

漫画について

私はTwitterやweb漫画出身で、今まで描いた漫画は全て無料で公開しています。

私の漫画の技術では人様からお金を頂ける立場ではない、読んでほしい方に届けば良い、どんなに嫌な反応をされたとしても

 

f:id:shikabanec:20180416055733j:plain

 

こんな気持ちで描いていました。

 

この気持ちは漫画を描いて原稿料を頂ける事になった今でも変わりません。

 

今現在は、ありがたいことにヤングエースUPさんでweb連載をさせていただいております。

web-ace.jp

 

とても重い話が続きますが、全8回なので、もうしばらく連載にお付き合いいただければ幸いです。

 

今はこの連載の作業がほとんど終わり、ホッと胸を撫でおろしています。

 

応援してくださる皆様、本当にありがとうございます。

 

先日、初めて原稿料の明細をいただきました。

 

f:id:shikabanec:20180416062612j:plain

 

気になったので、調べてみました。

 

それを絵にしてみました。

 

f:id:shikabanec:20180416052636j:plain

f:id:shikabanec:20180416064757j:plain

 

こういう仕組みです。

 

漫画家の皆様が作品を一生懸命に描き、利益を出しているからです。

 

そのおこぼれで、私のようなド新人野良インターネット漫画描きが連載をさせていただけるのです。

ありがたいことです。

 

こうしてどんどん新人にチャンスが与えられるのです。

 

もちろん、応援して下さる読者の皆様がいてくれるからこそ、これは大前提ではあります。

そして編集さんのお力添えがあるからこそです。

ありがとうございます。

 

漫画違法アップロードサイトの話

 

ネットで話題になっているので、もう名前は出しませんが、ここで非常にやっかいなのが漫画違法アップロードサイトの存在です。

 

違法アップロードサイトでは漫画家に利益が入りません。

 

こういったサイトが増えると、漫画はタダで消費するのが当たり前な感覚になってしまうのではないだろうか…?

 

そうなると新人にスポットが当たらないどころか漫画家の皆さんが生活できなくなり、誰も漫画を描かなくなってしまう…。

 

そんな時代が来るのではないか?

 

と思っていた矢先の違法漫画アップロードサイト閉鎖で、よかったなぁ…と思っています。

 

f:id:shikabanec:20180416070643j:plain

 

なんだかもう出尽くした感があるので、サッパリとした意見になってしまいましたが、漫画がこれから先も文化として繁栄する事を願っています。

 

いろいろな話

ありがたい事にTwitterで漫画のご感想をいただいたり、時にはブログで思いを綴っていただけたり…たくさんの優しさをネットでいただいております。

この頂いた優しさをどうやってお返ししようか…と、ご感想を頂く度に胸が熱くなってきます。

リプライなどお返し出来ないままでごめんなさい、全て読んでいます、ありがとうございます。

 

ネットはネガティブな発言のみが目立った場所ではありません。

 

漫画やこのブログを読んで思いを綴っていただけた方をご紹介させていただきます。

 

ameblo.jp

 

黒澤うにさん、私も早く黒澤さんのように自責の念から脱却できるようになりたいたいです。黒澤さんのブログを読んでいると前向きな気持ちが沸き上がってきました、ありがとうございます。

 

 

blog.lalamiamor.net

 

 

高円寺ららぁさん、トラウマセンサーを刺激してしまいごめんなさい。

優しい言葉をありがとうございます。

 

 

最後に、「祖母の髪を切った日」第3話に登場した架空のTシャツが本当にグッズになったそうです。

 

f:id:shikabanec:20180416075501j:image

 

この1コマ目の猫のイラストは、ラッパーであり絵書きでもある

 

オオヤヨシツグさん(←クリックするとオオヤヨシツグさんのTwitterに飛びます。)

 

という方の絵です。

 

このTシャツが出てくる回は大変重苦しく、なにか気持ちが少しでも軽くなるような演出はないだろうか…と考えた結果、そうだ!オオヤさんの絵がいいな!ファニーで少し「フフフ…」となるな!と思い、使用しました。

 

 

 

 

f:id:shikabanec:20180416094110j:image

↑こちらの画像はオオヤヨシツグさんのTwitterより拝借しています。

 

f:id:shikabanec:20180416094122j:image

 

 

 …まさか本当にTシャツになるなんて、オオヤヨシツグさんのファンなので、ビックリするやら嬉しいやら…最初、オオヤさんからプレゼントしますよ!と言っていただけたのですが、クリエイターにはお金をどうしてもお支払いしたい主義です。

即購入させていただきました。

 

このTシャツをお求めの方はオオヤヨシツグさんまでお問合せください。

 

f:id:shikabanec:20180416081755j:plain

 

批判を受けて感じたこと。

ブログを書くのは久方ぶりです。

皆様のおかげで、仕事をしたり漫画を描いたり、とても忙しい日々を過ごしております。

 

ブログではお伝えしていませんでしたが、ヤングエースUPさんで連載が始まっております。

 

web-ace.jp

 

 

 読んでくださっている皆様、 応援ボタンなどを押してくださっている皆様、本当にありがとうございます。

 

f:id:shikabanec:20180403133113j:plain

 

「ヤング」でも「エース」でもない私が、ヤングエースUPさんで連載させていただけるとは、恐れ多くていつも緊張して「本当にこの漫画を載せていただいていいのだろうか…。」と不安だらけの毎日です。

 

f:id:shikabanec:20180403133144j:plain

いつも悩みながら漫画を描いています。

 

 

 

そしてやはり、昔を思い出し涙が出てきます。

 

f:id:shikabanec:20180403133344j:plain

 

今回公開された第3話は、描くのが最も苦しい回でした。

 

noteで連載していた「緩やかな始まりの終わり」という漫画の再構成です。

 

ラスト付近の「見て見ぬふりをしていた自分」を描くのが大変苦しく、途中で投げ出していた漫画でした。

 

やっと描き上げることができました。

描き上げることができたのは、応援してくださっている皆様のおかげだと思っております、ありがとうございます。

 

そしてこの「緩やかな始まりの終わり」をはてなブログへ「大切な人を亡くした時、どうやって立ち直ればよいのだろうか」というタイトルで再投稿した際、ブックマークコメントにて沢山の方々にブッ叩かれました。

 

変な言い方になってしまいますが

 

「やっと…やっと…批判をされた、やっと「オマエが悪い」「オマエがおかしい」と言ってくれた…」

 

そう思う自分がいました。

 

この第3話の最後に描いてある通り、私の周りの人たちは優しいのです。

 

みんな私を気遣って、誰も私を責めてはくれなかったのです。

 

 

人の死を「なんだそれウケる~」と軽く扱っていた自分。

おばあちゃんの話をろくに聞かず、無視して部屋にこもっていた自分。

おばあちゃんの異変に気が付いていたのに、見て見ぬふりをしていた自分。

 

 

全て、叩かれて当然です。

 

「批判」や「ぶっ叩かれた」と描きましたが、正論です。

 

顔の見えない知らない相手だと容赦なく物事を言える。

これこそ正に正論だと思い、私は勝手に裁かれた気になっていました。

 

ずっと誰かに昔のクソ人間だった自分を批判してほしいと思っていました。

 

 「緩やかな始まりの終わり」にブックマークコメントで正論を言ってくださった方々、本当にありがとうございます、全て読ませていただいてます。

 

気が付けば「緩やかな始まりの終わり」の投稿から、3年もの月日が流れていたのですね。

 

時の流れの早さに驚いています。

 

これからも間違っていることは容赦なく言ってください。

どうか、よろしくお願いします。

 

 

 

すっかり昼間は半袖でも過ごせる季節になりました。

半袖で過ごせる身軽さに、心も少し軽くなった気がしています。

 

今年は忙しく、あいにくお花見には行けませんでしたが、散歩がてら真夜中に近くの公園の桜を見てきました。

 

f:id:shikabanec:20180403143042j:plain

 

 

漫画、頑張ります。

 

 

 

~最近の出来事~

デスクワークが続いているので、あまり外へ出ていません。

ずっと家にいるので、目新しいご報告もないのですが、作業中に音楽を聴いています。

 

最近よく聴いているのはSUKISHAさんです。

 

www.youtube.com

 

トラックがとてもかっこよく、歌声が真っ直ぐで好きです。

 

www.youtube.com

 

kiki vivi lilyさんとSUKISHAさんのRainbow Town

 

こちらもとてもかっこいいです。

 

 

田舎に住んでいますが、このRainbow Townを聴くと

f:id:shikabanec:20180404020645j:plain

 

 こんな気持ちになります。

 

 

おしまい

 

写真の大切さ

お盆に突入しますね。

 

 

f:id:shikabanec:20170810111903j:image

 

 

f:id:shikabanec:20170810111923j:image

 

 

f:id:shikabanec:20170810111948j:image

 

 

f:id:shikabanec:20170810112014j:image

 

こちらはツイッターに載せた漫画です。

沢山の反響をいただきありがとうございます。

 

写真も大切だけど動画も大切だと多くの方にリプライをいただきました。

姿形は覚えていても何年も月日が流れると「声」を忘れてしまうというご感想をいただきました。

 

今はおばあちゃんの声も口癖も全部、覚えています。

 

しかし何年も月日が流れると忘れてしまうのかもしれません。

 

忘れたくないです。

 

私の手元には、おばあちゃんの写真は数枚しかありません。

もっと沢山写真を撮っておけばよかった、一緒に笑ったり泣いたりした何気ない日常を沢山残しておけばよかった。

 

 

お盆休みで帰省される方はご家族との写真や動画を沢山撮ってください。

 

思い出は宝物です。

 

思い出を沢山残しておいてください。

 

 

身近な人が亡くなるということ

 

 

 死に対する恐怖心

 

突然ですが「死」が怖いです。

f:id:shikabanec:20170808095447j:plain

どれだけお金を持ってようが、貧乏だろうが、いい人も悪い人も、みんな平等に訪れる「死」が怖いです。

 

 それは思春期の頃から始まりました。

f:id:shikabanec:20170808101019j:plain

 

思春期あるあるだと思います。

 

f:id:shikabanec:20170809082948j:plain

寝る前に漠然と「死」に対する不安が襲ってきて

 

f:id:shikabanec:20170808102232j:plain

夜中に飛び起き、ポエムめいた文章を書いては

 

f:id:shikabanec:20170808103108j:plain

次の日の自分をきしょく悪がらせるほど、「死」というものはなんなのか?

死んだらどうなるのか?

人は死ぬと21グラム軽くなり、それは魂の重さだという説があるが、ただ体内の水分が蒸発しただけなのではないのか?

死ぬってなんなんだ!!死ぬのが怖い!!勘弁してくれ!!

 

…という事を考えては結局、答えの出ない迷宮をさまよっていました。

f:id:shikabanec:20170809105725j:plain

 

 

 

 

人の死はフィクションの世界でしかなかった

 

f:id:shikabanec:20170808120955j:plain

f:id:shikabanec:20170808133630j:plain

名前は知っているけど交流がなかった人の死は全く実感のないもので、この時もどこか自分には関係ないフィクションの世界の出来事のような気がしていました。

 

毎日顔を合わす私を育ててくれたごく身近な人が亡くなるまでは、人の死がどれだけ重いものなのか、この時は何も分かっていませんでした。

フィクションの世界の死を見て、分かっているような気持ちになっていただけでした。

 

 

 

身近な人の突然の死

 

f:id:shikabanec:20170808163748j:plain

f:id:shikabanec:20170808163806j:plain

 

 

 

 晩年のおばあちゃんはとても穏やかでした。

 

 

f:id:shikabanec:20170809094838j:image

 

 f:id:shikabanec:20170809094853j:image

f:id:shikabanec:20170809094910j:image

 

 認知症になってから怒りっぽくなり、どんどん性格も変わっていきましたが、最後はとても穏やかでした。

 

 

おばあちゃんとの最後の会話は今でも忘れられません。

 

 

f:id:shikabanec:20170809114944j:plain

 

 

f:id:shikabanec:20170809122816j:plain

 

 

 

 

 

f:id:shikabanec:20170809124036j:plain

 

 

 

 

 

f:id:shikabanec:20170809124102j:plain

 

 

 

 

 

 

 

f:id:shikabanec:20170809124725j:plain

 

 

 

f:id:shikabanec:20170809134634j:plain

 

 

 

 

f:id:shikabanec:20170809134301j:plain

 

 

 

 

f:id:shikabanec:20170809135502j:plain

 

 

 

 

f:id:shikabanec:20170809140107j:plain

 

 

 

 

 それから数年後の今

 

 

f:id:shikabanec:20170809190232j:plain

 

f:id:shikabanec:20170809170216j:plain

 

f:id:shikabanec:20170809170326j:plain

 

f:id:shikabanec:20170809173846j:plain

これは、つい最近の出来事です。

 

 

 

先輩のこの言葉で気が付きました。

 

 

f:id:shikabanec:20170809175747j:plain

 

そう思えるようになりました。

 

 

 

 

 

もうすぐお盆ですね。

 

 

f:id:shikabanec:20170809180145j:plain

 

 

 

残暑厳しいですが、健康に気を付けて乗り切っていきましょう。

 

 

 

f:id:shikabanec:20170809180610j:plain

 

金縛りのプロが金縛りについてお話します

今週のお題「ちょっとコワい話」

注意

今日は夏の風物詩、怖い話をします。

 

金縛りの話なので、そこまで怖くないとは思いますが、少し怖い絵が出てくるので閲覧には注意してください。

 

小4の頃の話

f:id:shikabanec:20170802015548j:plain

 

 

 

f:id:shikabanec:20170802015805j:plain

 

 

 

f:id:shikabanec:20170802022321j:plain

 

 

f:id:shikabanec:20170802030631j:plain

 

f:id:shikabanec:20170802043329j:plain

 

 

 

f:id:shikabanec:20170802043411j:plain

 

f:id:shikabanec:20170802050443j:plain

f:id:shikabanec:20170802050501j:plain

f:id:shikabanec:20170802050519j:plain

 

そう言ってス~ッと消えていきました。

 

f:id:shikabanec:20170802061845j:plain

というか金縛り自体、眠りが浅く、体は休んでいるが稀に脳だけ覚醒してしまうレム睡眠中に起ることなので「ずっと寝ていた」が正解です。

 

f:id:shikabanec:20170802061930j:plain

おばあちゃん、大マジメです。

 

情報がなかった時代、昔の人というものは金縛りは心霊現象の一種だと信じており、おばあちゃんは大マジメに私のことを霊感がある子だと思っていたようです。

 

 

f:id:shikabanec:20170803011304j:plain

少し話が逸れますが、なんでも天国、地獄、神様や霊の話を引き合いに出す昔の人ならではの考え方があった為に、おばあちゃんのレビー小体型認知症の発見が遅れてしまうというエピソードがありますが、長くなるのでそれはまたの機会に書こうと思います。

 

f:id:shikabanec:20170802072438j:plain

そうなるんです。

応援してくださるってことは悪い霊ではなくご先祖様の仕業になるんです。

おばあちゃんは大マジメです。

 

f:id:shikabanec:20170802043411j:plain

もうなんか糞コラみたいですが

 

 

f:id:shikabanec:20170802084100j:plain

 

 

 

f:id:shikabanec:20170802081126j:plain

 

当時、小学4年生だった私は金縛りのメカニズムを知るわけがなく、おばあちゃんの「ご先祖様が鼓笛隊の練習を応援してくれている説」をバキバキに信じていました。

これで金縛りは心霊現象だという刷り込みは完了です。

 

f:id:shikabanec:20170802081637j:plain

 

隙あらば逃げたい!さぼりたい!と思いながら鼓笛隊の練習をしていたので、心当たりは十分にあります。

 

 

それからというもの

f:id:shikabanec:20170802084420j:plain

鼓笛隊の練習頑張ってますアピールに必死でしたが、必死なアピールも空しく、その日を境に頻繁に金縛りに合うようになってしまう悲しい現実が待っていたのです…。

 

 

f:id:shikabanec:20170803034116j:plain

 

 

 

f:id:shikabanec:20170803050919j:plain

 

 

金縛り中に見る映像は「体が動かなくて怖い」という感情から、脳が勝手に怖い映像を作り出すそうで、私の脳は真っ黒な髪の毛が怖いものという固定観念がどうやら存在するようです。

 

金縛りに合うと必ず「真っ黒な髪の毛」が出てくるようになりました。

 

 

f:id:shikabanec:20170803055143j:plain

 

 

こうして漫画にするとあまり怖さが伝わりませんが、小学生の頃はあの黒い髪の毛がとても恐ろしく、金縛りに合うとギュッと目を閉じ

f:id:shikabanec:20170803080052j:plain

f:id:shikabanec:20170803080119j:plain

 

ひたすら純粋に心の中で、こう思っていました。

 

 

 そしてキレる10代

 

 一番金縛りに合う頻度が高かったのは、10代の終わり頃だったと思います。

多い時は週4くらいのペースで金縛りに合っていました。

 

 

f:id:shikabanec:20170803090349j:plain

これだけ金縛りの回数をこなしていると、あの金縛り前特有のゾワゾワする感覚をいち早く察知し「来る!」と分かると即座にキレながら飛び起きるようになっていました。

 

金縛りが来る!と分かった瞬間に無理やり体を起こすと、金縛りはすぐに解けるのです。

 

f:id:shikabanec:20170803104154j:plain

この頃は金縛りにとにかくキレていた。

10代まではギリギリ金縛りを心霊現象だと信じていましたが、睡眠を妨害される事が何より不快だったので、相手が幽霊だろうがなんだろうがハチャメチャにキレてやさぐれた青春時代を送っていました。

 

f:id:shikabanec:20170803104730j:plain

きっと人生の中で一番尖っていたと思います。

(幽霊相手に)

 

 

 

 そして、とにかくよく寝ていた時期でした。

f:id:shikabanec:20170803113331j:plain

今考えるとこの睡眠のとり過ぎが原因で、普段の睡眠の質が落ち、レム睡眠時に脳が覚醒しやすくなって金縛りが頻繁に起こる原因だったのではないか?と推測しています。

 

そして現在30代

最近は金縛りになる回数がめっきり減り、1年に4~5回くらいしか「ナチュラルな金縛り」に合わなくなりました。

 

ナチュラルな金縛り」と書いたのは理由があり、これだけ金縛りに合ってきた私はもう金縛りのプロなので、実は自発的に金縛りを起こす事も可能になってしまっているのです。

 

f:id:shikabanec:20170803131804j:plain

金縛りは仰向けに寝ている時にかかりやすいです。

f:id:shikabanec:20170803132634j:plain

これだけです。

 

もちろん個人差があるので必ず金縛りに合うという約束はできませんが、私はこれで8割方金縛りに合うことに成功します。

 

 

金縛りになりやすい曲を一応貼っておきます。

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

 ルチアーノもリカルドもかっこいいですね、最高ですね。

 

…っていうか誰が好きこのんで自発的に金縛りを起こすヤツがいるのか!と思うでしょうが、私は金縛りのプロなので、気が向いた時に金縛りを自発的に引き起こしています。

 

なぜなら今では金縛りが気持ちいいから!!

 

 

 

長年の研究結果

 

金縛りに合い続けて苦節ウン十年、私はようやく金縛りを「楽しいもの」にコントロールできるようになったのです。

 

 

f:id:shikabanec:20170803142713j:plain

 

空を飛べるようになります!!

 

これは本当です。

この空を飛ぶ金縛りが最高に気持ちいいのです。

 

 

 

f:id:shikabanec:20170803145011j:plain

金縛りの時は脳が勝手に見せている偽物の映像なので、部屋の様子を注意深く観察すると、いつもの家具の位置が違ったり、眠る前は必ず閉める扉が開いていたり、おいおい脳、しっかりしてくれよ…と言いたくなるほど雑な部屋の配置になっています。

これを観察するのも面白いです。

 

f:id:shikabanec:20170803151857j:plain

 

そう確信できたら私はベランダから飛び降ります。

 

注:絶対にマネをしないでください!!!

 

こちらは飛び降りる事を推奨していません!!

 

絶対にやめてください。

 

f:id:shikabanec:20170803154751j:plain

 

何度も言いますが、夢だと気が付いても万が一、夢ではないかもしれません!!

危険なのでベランダからの飛び降りはマネしないでください!!!

 

 

 

夢の中で「これは夢だ」と気が付き、夢をコントロールできるようになる明晰夢というものがありますが、私は金縛りからこの明晰夢を体験できるようになりました。

 

f:id:shikabanec:20170803160446j:plain

あの夜空を自由に飛べる気持ち良さが大好きです。

 

何度も言いますがマネしないで下さい!!

夢じゃなかった場合取り返しがつきません!!!

 

何年も金縛りに合いまくった結果、できるようになった事なので絶対にマネしないでください。

 

 

 

しかし、金縛りのプロと名乗っておきながら、今でもたまに「怖い」と思ってしまう時があり、失敗する事もあります。

 

f:id:shikabanec:20170803163013j:plain

プロを極める道のりは、まだまだ険しそうです。

 

だけどいつの日か金縛りからの明晰夢を確実にコントロールできるようになって、会いたい人にいつでも会いに行けるようになる!!

 

それが今の私の目標です。

 

f:id:shikabanec:20170803165631j:plain

 

待っててね、おばあちゃん。

 

f:id:shikabanec:20170803170021j:plain

 

 

 

父について

はじめに

今日は父の話をします。

その前に、この記事に出てくる「毒親」という言葉についての説明をします。

 

毒親とは?

読んで字のごとく、子どもに対して「毒」になるような「親」のことです。

もっと詳しく知りたい方はウィキペディアをどうぞ

毒親 - Wikipedia

 

 もしかして父は毒親なのか?

 

shikabane.hatenadiary.com

 

この漫画は3日間でガーッと描いた思い出漫画なので、雑すぎてお恥ずかしいですが、父は子どもだった私をおばあちゃんへ預け、当時お付き合いをしていた女性の家に入りびたり、家にほとんど帰ってこない人でした。

 

 b.hatena.ne.jp

 

この記事でも父の事について少し触れています。

 

f:id:shikabanec:20161025001120j:plain

f:id:shikabanec:20161025001250j:plain

女の人の家にばかり行って、家にあまり帰って来なかった父はきっと「毒親」に当てはまってしまうのだろうが、自分の父親を「毒親」だと断言してしまうのはなんだか気が引けます。

 

 一般的な家庭を知らない子どもの頃はこれが普通だと思っていたし、そんな事より田舎育ちの私は、草むらで捕まえたバッタの口から出る醤油のような色の謎の汁やカブトムシを捕まえる事で頭がいっぱいだったので、親が家にいない事について深くは考えていませんでした。

f:id:shikabanec:20170727010116j:plain

f:id:shikabanec:20170727055807j:plain

 そもそも私が子どもの頃に「毒親」という言葉はなかったような気がします。

 

そして「毒親」という言葉を知ったとしても意味は分からなかっただろうし、子どもの頃の私にとって、たまに帰ってきて寸胴鍋いっぱいに美味しいカレーを作ってくれる父はカッコ良く、憧れの存在であり大好きな人でした。

 

思春期 

ところがどっこい、思春期。

 

大人の事情がなんとなく分かるようになってきた年齢に差し掛かると、見事に父の事を嫌うようになっていました。

f:id:shikabanec:20170727063031j:plain

f:id:shikabanec:20170727064511j:plain

本当は父の作るカレーが大好きだった。

 

f:id:shikabanec:20170727074511j:plain

そして父は帰ってこなくなった。

 

f:id:shikabanec:20170727075341j:plain

思春期とは勝手なもので、あんな事を言っておきながら、全く家に帰って来なくなった父に益々腹を立てていました。

 

f:id:shikabanec:20170727094334j:plain

 

 

 

f:id:shikabanec:20170727081725j:plain

その時のおばあちゃんは

f:id:shikabanec:20170727083434j:plain

諦めた顔でこう言った。

 

そして私は

f:id:shikabanec:20170727083540j:plain

f:id:shikabanec:20170727085903j:plain

 

そう思った。

 

 

 

が、しかし、その数年後…

 

b.hatena.ne.jp

 

私が社会に出て間もなく、おばあちゃんは認知症になり、怒涛の介護生活が始まった。

 

そして私が26歳の時に、おばあちゃんの認知症がどんどん進んで行き、伯母の助けがあったものの、私一人ではとてもじゃないが介護できなくなってしまっていた時に父は家に帰ってきてくれるようになった。

 

まず父と久しぶりに会って驚いた事は、変なパンチパーマをやめていた事だった。

 f:id:shikabanec:20170727103628j:image

before

 

 

f:id:shikabanec:20170727102943j:plain

after

 

当たり前だけど老いていた。

 子どもの頃に見ていた大きな背中も、随分と小さくなったように感じた。

 

それから昔は田舎のヤンキーが好みそうなミチコ・ロンドンやミキハウスのパチモンみたいなロゴがバーンと目立つ派手な服を着ていた記憶があるが、ロゴが控え目なダンロップの服を着るようになっていた。

 

そして父は今までとは別人のように、献身的におばあちゃんの介護を手伝ってくれた。

 

この事がなければきっと、私は父を一生許せなかったと思います。

 

ずっと離れて暮らしていた父と、一緒に生活するなんて思ってもいなかったし、最初はぎこちなかったけれど、おばあちゃんの介護を通じて本当の家族の形を築けたような気がする。

 

父からの謝罪

そして、おばあちゃんが亡くなった日。

 

 f:id:shikabanec:20170727094927j:image

f:id:shikabanec:20170727094942j:image

 

f:id:shikabanec:20170727134711j:image

 

f:id:shikabanec:20170727095117j:image

 

 

 

 父がこんなに声を上げて泣いたのを見たのは初めてでした。

 

この時の私は28歳。

 

もう思春期でもなんでもない大人で、父が嫌いだという感情は微塵もなかった。

 

それよりも、おばあちゃんを最後まで献身的に介護してくれて感謝の気持ちでいっぱいだった。

 

私にとって本当の毒親とは

 

 そんな父を「毒親」とは呼びたくない。

私にとって本当の「毒親」は母親の方だ。

 f:id:shikabanec:20170727111632j:image

 

f:id:shikabanec:20170727111707j:image

 

f:id:shikabanec:20170727112007j:image

 

f:id:shikabanec:20170727112039j:image

 

今後、なにがあっても母親と会うことはないだろう。

例え向こうが会いたいと言ってきても全力で拒否します。

 

母親に育てられなくて良かった、おばあちゃんに育ててもらえて幸せだったと心の底から思っています。

 

最後に

今は父と離れて暮らしているが、もし今後、なんらかの介護が必要となった時は父を最後まで看取りたい。

 

そう思っている。

 

 

f:id:shikabanec:20170727110738j:plain

 

 

補足

コメント欄で伯母さんは父の血縁者なので嘘を言っているのでは?という憶測があるので少し補足させてください。

 

確かに血縁者なのでバイアスはかかっているかもしれません、が、伯母さんは嘘をつくような人ではないと信じています。

 

ここには書けない(正確に言えば載せられない)証拠も存在するので嘘だとは思えません。