しかばね先生の日常ブログ

しかばね先生(死かばね先生)の日常マンガブログ 連絡先→ shikabanec@gmail.com

私はあなたに私の涙を無駄にしません。

 

ヤフーで翻訳したようなタイトルです。

 

 

f:id:shikabanec:20160919083817j:image

 

 そうです、ヤフーで翻訳しました。

 

 

お恥ずかしい話、私は学が無い。

好きな曲の英語のタイトルをヤフーで翻訳する事で、やっとその曲の本質に辿り着くことができるのだ。

 

ツイッターで細々描いている「I Don't Waste My Tears On You」という漫画のタイトルは私の好きな曲から拝借しました。

 

ま〜人気が無い。

 

笑えるほどにI Don't Waste My Tears On Youの続きをツイッターで上げる度にフォロワーは減って行く。

 

1番ショックだったのはツイッターを始めて間もない、本当に初期の頃から応援してくださった相互フォローしていた方からブロックを食らった事だ。

 

 f:id:shikabanec:20160919085630j:image

 

初期からフォローしていただいてる方は祖母の漫画の続きが読みたくてフォローをいただいていると私自身、そう認識しているので無理もない。

 

突然よく分からないオリジナル漫画を上げ続けられたら「は?祖母の漫画の続きはどうした?」と呆れられる事は分かっている。

 

祖母の漫画を描く事は正直つらい。

 

私は漫画を描く事が大好きだ。

 

祖母の漫画を描いていると漫画を描く事が楽しい事だと思えなくなってしまう。

 

大好きだと思えなくなってしまう。 

 

f:id:shikabanec:20160919100228j:image

 

そんな時、祖母の漫画を描かせていただいてるサイトの方から「考えるのが辛くなってしまうようでしたら、一回忘れるぐらいの気持ちでいいです。」と、とても救われる言葉をいただいた。

 

私はその言葉に甘えてしまっている。

 

仕事として受けたにもかかわらず、描くのが辛い。

正直に言うと、祖母の漫画を描く事を待っていただいている状態だ。

仕事ができない私はダメな奴だ。

 

もう少し甘えさせてください。

 

 

そして最近、加藤マユミ先生からこういったメッセージをいただいた。

 

私は「ハットリと私。」を描くまで約10年かかりました。

というか、漫画に描こうという発想がなかった。

でも去年の12月になぜか描かなきゃという思いが溢れてきて1ヶ月で一気に描き上げました。ただし一度も読み返していません。

辛くて読み返せないのです。

それでもTwitterを通して多くの方が読んでくださって、何度も読み返してくださる方もいて、有難いです( ;∀;)
死かばね先生が描けないなら無理に描かなくてもいいと思います。

描くタイミングはおばあ様が教えてくれると思います(*^^*)

 

(加藤マユミ先生のリプライより引用させていただきました。)

 

 

泣いた。

このメッセージはスクショしてスマホのホーム画面にしている。

 

加藤マユミ先生、ありがとうございます。

こちらのメッセージ、本当に嬉しかったです。

 

いろいろな方から沢山暖かい言葉をいただいている。

本当にありがたい。

(返信などできなくてすみません) 

 

私は子どもの頃から漫画家になりたかった。

f:id:shikabanec:20160919100338j:image

 

祖母の介護が始まるまで、漫画を描いていくつか出版社に送った事がある。

 

結果は1度、賞をいただいただけで後はカスリもしなかった。

 

才能がない。それだけの話だ。

 

そして祖母の介護が始まり、漫画を描くのをやめてしまった。

 

ツイッターにちょっとずつ上げている漫画、I Don't Waste My Tears On you は祖母の介護が始まる直前まで描いていた。

未完のまま放り出した漫画だ。

描いてた当時のタイトルは「ロクとカッチャン」

 

続きはもう描かないだろうと、元の原稿は引越しの際に捨ててしまった。

 

 

それを今、何故か4コマにし、今の自分にしか描けない大切な人を失った気持ちや、バックグラウンドを上乗せして再構築して描いている。

 

f:id:shikabanec:20160919100711p:image

 

今、この漫画を描いていて、「漫画を描く事って楽しい事だ」と再確認している。

 

この漫画を描き終わった後、祖母の漫画の続きが描けそうな気がして笑えるほど人気がないのにツイッターに上げている。

 

もしかしたら、この漫画は自分を励ますために描いているのかもしれない。

 

そう思った。

 f:id:shikabanec:20160919100625j:image

 

 

 駄漫画ではありますが、しばらくお付き合いくださると嬉しいです。

 

おわり

 

去年と違う。

 

 

 

はてなブックマーク - 認知症の祖母と過ごした日々-WEB漫画「あの日々のフラッシュバック」 - 安心介護プレス

f:id:shikabanec:20160607205107j:image 

宣伝です、安心介護さんで漫画を描かせていただきました。

まだ読んでいない方がいましたら読んでいただけたら幸いです。

今、長い漫画を描いています。
やはり祖母との漫画を描くと涙が止まらなくなってしまいます。

去年と同じです。

もうすぐ祖母の命日がやってきます。

去年と同じです。

しかし、少しだけ変化しつつあります。

去年は私の弱さで祖母との漫画を描く事をやめてしまいましたが、この漫画を読まれて長文で感想やご自身が体験されたエピソードをメールで送ってきて下さた方々がいらっしゃいました。

私と同じ気持ちの方々が沢山いる。

私の漫画に救われたと言って下さった方々がいる。

これはなんて言っていいのか。

なんて言えばいいのか。

祖母を介護しなかったら絶対に描けなかった漫画だ。

私の普段描く創作漫画ははっきり言って糞だ。

皆様に胸を張って「見て!」とお勧めできるような画力も構成力もない。

そんな「救われた」なんて言ってもらえる様な漫画はきっと創作では描けない。

祖母を介護したからこそ描けた漫画だ。

祖母の事を描いた漫画は胸を張って「見て!」と言える。

見てほしい方たちがいる。

必ず読んでほしい方たちがいる。

そんな心境の変化で泣きながらも前向きに描いています。

感想を送って下さった皆様、本当に本当にありがとうございました。

返信できなくてすみません。

前向きに描く力をありがとうございます。

そしてこのような機会を与えて下さった安心介護さん、本当に本当にありがとうございます。

頑張ります。

 

優しいインターネット

漫画の内容が暗いものが多いからかもしれない。

 
「漫画を拝見する限り、まだ心の闇が深そうなので悩んでいるならご相談に乗ります。」という、とてもハートフルな内容のDMを頂きました。
 
ありがたい。
 
こんなどこぞの何者か得体の知れない奴の事を気に掛けてくださるとは、ネットの画面越しとはいえ非常に心の優しい方がいるのだな、と、ありがたく思います。
 
他にも心配してくださる方が沢山いるようで…
 
f:id:shikabanec:20160327035514j:image
 
 
 
しかし私は病んでないので
 
f:id:shikabanec:20160327035624j:image
 
 
 
 
なんとお返しするべきなのか悩んでしまい
 
f:id:shikabanec:20160327040019j:image
 
めちゃんこ元気な絵を送らせていただきました。
 
 
Twitterにはリアル友人もフォロワーにいまして、ギャップがありすぎると言われるほど明るい人間です。
(自分で明るい人間ですと言い切るのもなんかヤバさがあるが…)
 
 
明るい記事や漫画も書いているのですが、なぜか暗い内容の漫画が注目されがちなので「この人…病んでいるのかも…」と思われてしまうのかもしれませんね。
 
 
 
f:id:shikabanec:20160327041807j:image
外国語って難しいな〜、このおねえちゃんなんて言ってんのかな〜??多分こうかな〜??と思って描きました。
 
 
f:id:shikabanec:20160327042206j:image
 
 
f:id:shikabanec:20160327042111j:image
 
これが死かばね先生名義で初めてインターネットに載せた漫画なのです。
 
明るいですね。
 
心に闇を抱えてるとは思えませんね。
 
というか、確実に馬鹿が描いていますね。
 
 
なので心優しい方々は「この人あんな暗い漫画描いて大丈夫なの…?」という心配はいらないのですよ。
 
 
過去の暗い内容の漫画は自分の中で自分なりに消化し、乗り越えた今だから描ける事を描いています。
 
これは描いててツライな…と感じたら途中でドロップアウトしています。
 
自分の気持ちを擦り減らしてまで描くような事はしていませんので大丈夫ですよ。
 
これ描くのツラいわ〜〜!!と感じたらすぐ逃げます。
 
f:id:shikabanec:20160327074824j:image
 
ドロップアウトした描きかけの漫画が沢山あるので、続きが描けるようになったら公開しますね。
(待っていてくださる方、本当にすみません。)
 
 
f:id:shikabanec:20160327044415j:image
 
 
 
f:id:shikabanec:20160327044426j:image
おわり
 

 

占いやジンクスなんて信じない。

こちらのブログへ載せていない漫画を時間がある時に回想を交えて少しずつ更新していこうと思う。

 
f:id:shikabanec:20160321110018j:image
 
朝のニュース番組などで必ず星占いのコーナーがある。
 
その日1番運がいい星座と悪い星座などをご丁寧にランク付けされ、金運や仕事運、恋愛運などを紹介する死ぬほどどうでもいいコーナーだ。
 
私はあのコーナーを見ながら「誰が信じるんだコレ」と思いつつ悪態をついている。
 
f:id:shikabanec:20160321111251j:image
 
しかし自分の星座が1位だと
 
f:id:shikabanec:20160321111316j:image
 
ちょっと嬉しいのである。
占いなんて全く信じないとか抜かしておきながらちょっと嬉しいのである。
 
学生時代、勉強も持久走大会も何も1位を取れなかった私が、なんの努力もせずに貰える1位。
 
そんなもんでもちょっと嬉しいのである。
 
 
 
f:id:shikabanec:20160321112644j:image
「今日は素敵なお誘いがあるかも」なんて言われた日には下心丸出しでちょっとオシャレしてみたり…
 
f:id:shikabanec:20160321113625j:image
 
f:id:shikabanec:20160321113625j:image
 
f:id:shikabanec:20160321113841j:image
 
f:id:shikabanec:20160321113907j:image
 
f:id:shikabanec:20160321113917j:image
 
そして「占いなんて信じない」と振り出しに戻る。
 
 
そう考えると私は実に何かに影響されやすい人間なのだなと思う。
 
 
f:id:shikabanec:20160321103614j:image
 
 
f:id:shikabanec:20160321103627j:image
 
 
f:id:shikabanec:20160321103812j:image
 
 
f:id:shikabanec:20160321103729j:image
 
 
 
 
占いやジンクスなんて信じない。
 
 
二度と信じるもんか。
 

 

人は空を見上げて何を思うのだろうか。

f:id:shikabanec:20160319103847j:image
 
 
スマホの写真の中には誰でも必ず1枚は絶対に空の写真がある。
 
というような事を友人に言われ「いやいや〜ないない」と言いながらカメラロールを見ると
 

f:id:shikabanec:20160319094215j:image

あった。
本当にあった。
 
これは去年の夏頃だっただろうか、夕暮れ時の赤く染まり始める雲を見て、とてつもない気分に襲われ
 
「あぁ、終わりだ、夕日が夜を連れてやってくる、終わりだ。」
 
なんて、何が終わるのかよくわからないがセンチメンタルな気分に任せてうっかりポエムを呟きそうになった事を思い出した。
 
うお〜〜〜!!呟かなくて良かった…!!!
 
呟いてたら次の日、恥ずかしすぎてアカウントを消して逃亡するところだった。
 
(もし私がTwitterなどで空の写真をUPしながらポエムのようなツイートをしだしたら遠慮なく「おい、ヤバいぞ、頭大丈夫か?」と冷静に突っ込んでほしい。頼む。)
 
 
空は毎日私達に違う表情を見せてくれる。
 
 
遠足の前日には「明日雨が降りませんように」と自作のてるてる坊主を窓際に飾りながら空へお願いしたりした。
 
雨が降って遠足が中止になると
 
f:id:shikabanec:20160319111215j:image
 
「あれだけお願いしたのに!!このやろう!!」
 
と、空を恨んだ。
 
そんなこちらの勝手な都合で恨まれるなんて空からしたらたまったもんじゃないだろう。
 
空にいろいろな事を願ったりするのは子供の頃だけではない。
 
大人になっても天気ひとつで気持ちすら左右される。
 
 
 
時には一生思い出に残る空の表情がある。
 
 
 
f:id:shikabanec:20160319102530j:image
 
 
f:id:shikabanec:20160319102544j:image
 
 
f:id:shikabanec:20160319102604j:image
 
 
f:id:shikabanec:20160319102619j:image
 
 
f:id:shikabanec:20160319102634j:image
 
 
f:id:shikabanec:20160319102647j:image
 
 
f:id:shikabanec:20160319102737j:image
 
 
f:id:shikabanec:20160319102713j:image
 
 
私はこの日の空の色を一生忘れないだろう。
 
そしてこの時の叔母の優しさを、一生忘れない。
 

 

クラスに必ずいた汚い子供は漫画を描いている。

長い文章があるので興味がない方は目ぇ半開きで読んでください。
(読まなくてもいいけど)
 

f:id:shikabanec:20160310085815j:image

 
 
f:id:shikabanec:20160310085826j:image
 
 
 
 
f:id:shikabanec:20160310085839j:image
 
 
 
 
f:id:shikabanec:20160310085847j:image
 
自分が小学生の時、クラスに必ず1人はいた汚い子だったと漫画に描くのはなかなか今でも勇気がいるもんですね。
 
お風呂は夏も冬も4日に1度くらいのペース。
 
きっとガス代の節約の為だったんだろうが、同級生に「クサイ」と言われたのはかなりショックだった。
 
「お風呂は毎日入るもの」
 
他の家庭のお風呂事情を知った時にはビックリして「そんなに毎日お風呂に入ったら手がしわしわになりすぎて指紋が消えてしまうのではないだろうか?みんな大丈夫なのだろうか?」という明後日な心配をした事を覚えています。
f:id:shikabanec:20160310101424j:image
 
 
 
低学年の頃は父や母がいないのも、お風呂に毎日入らないのも、同じ服を着続けるのも、他の家庭を知らない私にとってはそれが「普通」で「お前は変だ」と言われてもどこが変なのかイマイチ理解してなかった気がします。
f:id:shikabanec:20160310101907j:image
 
 
 
しかし小学3年生くらいになると、みんな口が達者になってくる。
f:id:shikabanec:20160310102038j:image
 
「〇〇だから変だ、おかしい、汚い」と具体的な言葉の暴力が向けられた。
 
 
よく漫画やアニメなどで傷ついた時に「胸が痛い」という表現がある。
f:id:shikabanec:20160314082308j:image
本当に心臓の辺りに何か落雷が落ちたような痛みが走ったのを知ったのは小学3年生の頃だったと思う。
 
 
 
大人になった今ではその痛みの正体は心拍数が急激に上がったからだろうとロジカルな考え方ができるが、その痛みを初めて体験した時は
 
f:id:shikabanec:20160314083116j:image
 
本気でそう思った。
 
 
 
 
 
「自分の家庭はおかしい、変だ。」
 
それをちゃんと自覚したのも小学3年生くらいだったと思う。
 
自分の力ではどうにも解決する事が出来ない問題というものは小学生の私にはあまりに負担がデカかったので夜はだいたい毎日泣いていた。
 
子供の泣き方というものは大声を出して「うわ〜ん」と思いっきり泣く。
 
祖母に気付かれないように声を殺しての泣き方を覚えたのも丁度この頃だった。
 
もし子供さんがいる方は注意深く寝る前などに子供さんの事を観察して欲しい。
何かしらの変化に気付いたら「どうしたの?なんで泣いてるの?何かあったの?」なんて理由を詮索するような声は掛けずにギュッと抱きしめてあげて欲しい。
 
理由を尋ねられると益々強がり「なんでもない!」とイジでも言わなくなってしまう。
 
ただただ誰かに頭を撫でて欲しい。
誰かに思いっきり抱きしめて欲しい。
 
そんな気持ちだった。
 
 
実は今でもこの自分を励ます妄想をしたりします。
 
もう大人になっているので、更に大人の自分を妄想し励ますなんて事はしていませんが…。
 
f:id:shikabanec:20160314135220j:image
(今の自分より大人っつたら立派な老人だ、なんだこの地獄絵図)
 
 
 
今はもっぱら逆で、子供時代の自分に喝を入れてもらっている。
f:id:shikabanec:20160314135942j:image
 
大人になるといろいろな事が鈍感になってくる。
悪く言えば利己的で、自分さえ良ければそれでいい、なんて汚い考え方も備わる。
 
子供の頃のあの真っ直ぐな正義感はどこへ行ってしまったのだろうか。
 
子供の頃の自分が今の自分を見たらなんて言うかな。
 
なんて事を妄想し、今を生きています。
 
あの時は今の自分よりも何倍も強かった気がする。
不登校児にもならず「くそったれ!」と歯をくいしばり毎日学校へ行っていた。
 
しかしその精神は意外な所でしっかりと今も受け継いでいる。
 
f:id:shikabanec:20160314140931j:image
 
 
f:id:shikabanec:20160314140943j:image
 
 
f:id:shikabanec:20160314140953j:image
 
 
f:id:shikabanec:20160314141003j:image
 
人にどんな批判を受けようと、表現する事をやめない図太さ。
 
f:id:shikabanec:20160314155630j:image
 
まさかネットで漫画を描く上で役に立つとは思ってもいなかった。
 
 
 
f:id:shikabanec:20160314142150j:image
あの頃、絵が好きで1人でずっと漫画を描いていた。
友達がいなくても白い紙に自由に自分の好きな物語が描ける事が嬉しくてたまらなかった。
空想の世界は無限大だった。
 
図書室にあった火の鳥を読みふけっては火の鳥の続きを勝手に描いた。
(たしか火の鳥の威力を消してしまう魔法使いが現れる「魔法使い編」というファンタジックな内容だった。)
 
私の時代はもう手塚治虫の絵柄は古臭いと言われ(小学生は大体絵柄から入る。)誰も火の鳥を読む子供はいなかった。
 
漫画を買ってもらえなかった私は火の鳥が初めて読んだ漫画で、今でも大好きな漫画だ。
 
人間の愚かさ、生きる事、死ぬ事、人を愛するという事を火の鳥から学んだ気がする。
 
火の鳥は全てにおいて「生」と「死」が題材になっている。
 
火の鳥の影響力は今も尚、私の中で深く根付いており、余談ではありますが「死かばね先生」という名前、綺麗事だけでは済まされない「生」と「死」をテーマに漫画を描きたいと思って付けた名前です。
 
大人になり私は相変わらず漫画を描いている。
 
そして私は相変わらず絵がヘタクソだ。
 
しかし「描きたい、伝えたい」そんな気持ちさえあればどんな批判を受けても必ず誰かに伝わる。
 
私はそう思っています。(真面目か)
 
沢山のリプライやDM、ありがとうございました、全て読んでいます、本当にありがとうございます。
 
返信できなくてすみません。
フォローお返しできないままですみません。
 
これからもヘタクソながらも漫画を描きたいです。(真面目か)
 
f:id:shikabanec:20160314145711j:image
 
 
 

 

誰かの気持ちを動かせた事。

偉そうな事を言える学も無く、人様に胸を張って自慢できる事もこれといってない。

 
どちらかと言えば劣等感の塊のようなみみっちい性格ではある。
 
それを隠しても仕方がないので、親がいない家庭で祖母に育てられた事や体験した事、思った事などをヘタクソな漫画で描いている。
 
みみっちい性格が故のいやらしさなのか、昔の出来事を異様に覚えいる。
 
あの時こうしていれば良かった。
あの時は嬉しかった、その嬉しかった気持ちを相手にきちんと返せていただろうか。
 
あの時、
 
あの時、
 
あの時。
 
今更ではあるが過去の出来事を思い出すと後悔が頭をよぎる事ばかりだ。
 
今までTwitterやネットで上げた漫画を後になって読み返してみると、みみっちさや心の狭さが如実に表れており、実に後味の悪いものが多く劣等感の塊であることに自分でも少し引いてしまう。
 
そんな漫画でも描いて良かったなと思う事があった。
 
f:id:shikabanec:20160308223859j:image
 
 
f:id:shikabanec:20160308223917j:image
 
 
f:id:shikabanec:20160308223931j:image
 
 
f:id:shikabanec:20160308223944j:image
 
 
Twitterにいきなりステーキのお肉の写真が上がっているといきなりステーキに行きたくなる。
 
品のいいグラスにビールが注がれた写真が上がっているとビールが飲みたくなる。
 
そんな軽い気持ちでつぶやいただけかもしれない。
 
しかしそう思っていただけただけで私は嬉しかった。
 
この気持ちを忘れないためにブログに残しておこう。